ネットオークションで月に5万円の副収入を!

 
 
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

こうじ

名前:こうじ

今まで自分ではもう使わなくなったアイテムをオークションに出品していました。
たくさんの失敗もしましたが、落札者さんに少しでも気持ちよく購入してもらえるかと言うコツが少しわかった気がします。
その方法を少しでも多くの人に伝えられたらと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの商品が高額で落札されました 

またまた出品していた商品が落札されました。
今回出品していたのは『iPod Shuffle』

アップルの小型音楽プレーヤーです。

2,000円くらいで落札してもらえたらいいなと
おもって出品したら、予想外に高額で落札して
もらえました。

予想外に高額で落札された要因を少し考えて
見ることにしました。

  • 少し前の機種の割に状態が良いから
  • 少し前のiTunesでも対応しているから

このあたりが要因ではないかと考えてます。

どちらにしても、高額で落札していただけた
ことに感謝感謝です
入金も確認できたので、今から発送準備に
取りかかりたいと思います。

スポンサーサイト

商品が無事に届いたようです 

何度か再出品していた商品が、無事に落札者さまのてもとに届いたようです。

昨日、「無事に商品を受け取った」との連絡をいただきました。


僕がオークション出品者の時に、一番心配なのは。。。

落札者さんに商品が届いたかどうか。


発送手続きまでは自分でしますが、そこから先は運送会社にお任せになってしまう。
運送会社さんを信じるしか無い。

信じてはいるけど、、、落札者さんから「商品を受け取りました」の一言が聞けると毎回、ホッとします。

今回も無事に商品が届いたみたいで、ひと安心です。

ヤフオクで発送方法の決め方は? 

紹介文を書いてみよう】でも少し触れましたが、
商品の発送方法について、今日は書きたいと思います。

商品の発送方法はたくさんありますよね。
どの発送方法を選択するかは
出品者が決める事が出来るんです。

  1. 「○○で発送します。」と発送方法を決めている方。
  2. 「どんな発送方法にも対応します」と発送方法を落札者さんに決めてもらう方。
  3. 複数の発送方法を提示して、「この中から選んでください」と言う感じにしている方。


どれが正解と言うわけではありません。
出来ない方法を提示して、落札者さんに迷惑をかけるのが一番避けたい事なんです。

でも、あえて「複数の発送方法を提示して、この中から選んでもらう」と言う方法をおススメします。

この方法だと、出品者さんは自分が出来る方法を提示できますよね。
落札者さんは、複数の発送方法から、自分に合うものを選択できますよね。
どちらにとっても良い選択方法だと思うんです。

紹介文を書いてみよう。 

オークションに出品するアイテムは用意できました。

アイテムを出品用に撮影もしました。


オークション出品の為に必要なものはもうひとつ。

そう、紹介文です。


出品するアイテムを売り込む紹介文が必要なんです。



売り込む紹介文だからといって、難しく考える必要はありません。
画像では伝えきれない所を説明すれば良いんです。


例えば…村上春樹さんの諸著「1Q84 BOOK3」を出品するとします。

デジカメで本の画像を撮ったので、おおまかな本の状態は画像で
判断してもらう事が出来ます。

それ以外のところです。

「1回だけ読んですぐに出品した」とか、
「何ページが本の端を折った跡がある」とか。。。

画像からこの本は何回読まれたものとか判りませんよね。
表紙の画像とかから、本の端を折ったページがあるなんて
のも判りませんよね。

こういう情報を書くんです。

有利に働く情報も不利に働く情報も、落札者さんが
知りたいと思う情報を書いていきましょう。

落札者さんが知りたいと思う情報が判らない場合、
自分が落札者なら、どう言う情報が欲しいかを
考えてみると良いと思います。


次に商品の発送方法を提示します。
僕は、色々な発送方法の中から、落札者さんに
選択してもらう様にしています。

例に出したような本でしたら、発送方法は
主に5つあります。
  • ゆうメール(旧:冊子小包)
  • 定形外郵便
  • エクスパック
  • メール便
  • 宅急便

この中で利用できるサービスを選択して、
利用できるものは提示する様にしています。

ただ、複数の中から選択するのが面倒だと
言う落札者さんもおられます。
複数の発送方法を提示するのと同時に、一番
送料が安い発送方法をオススメする様にしています。


次に支払い方法を提示します。

銀行振り込みの場合は、こちらが用意している
銀行名をオークションサイトに載せます。
同じ銀行同士だと、手数料がかからない可能性も
ある事を知ってる落札者さんへのアピールです。

その他、Yahoo!かんたん決済やYahoo!ネットバンク
など利用する場合は、それらも受け付けている事を
書きます。


最後に、商品の紹介や発送方法、支払い方法に
当てはまらないけど、お知らせしておく事を書きます。

例えば、「週末は連絡が出来ない」とか、「別の商品も
落札予定がある場合は、一緒に送る事ができる」など
ですね。

出品するものの紹介文を書いてみましょう。

こんな感じで撮影してます 

前々回の記事だったか、お約束したことを覚えていますか?
オークション用の写真撮影術】でお約束した通り
撮影現場をアップロードしてみます。

あまりに貧弱で恥ずかしいんですが。。。


撮影現場


小さいものなら、こんな感じで撮影しています。

今回、出品するのに画像を準備したものはWAONの電子マネーカード

商品の大きさはキャッシュカード位の大きさ。
袋に入っているので、もうすこし大きいですが。


この画像で注目して欲しい点が3つ。


ひとつめは三脚を使っていること。

手持ちで撮影すると、どうしてもブレます。
特に、室内で夕方以降など光が足りなくなってくると。
最近のコンデジの手ぶれ補正はすごいですが、やはり
三脚を使う方がより確実です。


ふたつめは背景。

このままの画像をアップする事はありません。
当然、商品が引き立つ様に加工します。
そのために、商品の背景は黒いですよね。
望遠でギリギリの大きさに取っていないので、
パソコンに取り込んでから、必要な部分をと言う感じで
加工が出来ます。


みっつめはタイマー。

WAONカードを撮影する瞬間、コンデジには触れません。
コンデジに触れる事で、手ぶれが起きる可能性があります。
それをさけるために僕がしているのは、シャッターは
セルフタイマーで。

セルフタイマーだと、シャッターを切る瞬間、人間の手が
触れていると言う事がありません。


ちなみに、この三脚は家電量販店で売っている1,900円程度
のお求めやすいもの。

WAONの下に敷いてるブラスチック上のものは100均で売られている、紙類を持ち運ぶためのケース。

なぜ、背景を黒にしたのかと言うと、出品する商品の色が薄い色だったから。
背景が白よりも、濃い色の方が商品が引き立ちそうと考えました。

濃い色が黒しかなかったので、黒色にしています。


参考程度にこの3点を気をつけて、加工した画像がこちら。

出品画像

周りによけいなものが映っていなくて、商品がきちんと見える。
決して芸術的ではないが、落札者さんが見たいものには仕上がってると思います。

ペニーオークションは本当に安いのか? 

最近、何かと話題のペニーオークション(以下:ペニオク)

よくiPadが○○円で落札できました。

とか、

wiiが○○円でした。


などと言うブログの記事を見かけます。

でも、本当にその値段なんでしょうか?


昨夜、試しにペニオクに参加してみました。

ペニオクは、オークションに参加するために
必要なものがあります。

それは、コイン。
オークションサイトによって、呼び方は
さまざまでしょうが、オークションに参加
するためには参加料が必要と言う事ですね。

今回、僕が試したところは、登録をすると、
お試しに10コインくれるところでした。


参加してみたのですが、商品の落札は出来ませんでした。
まぁ、戦略も何も考えずに、ペニオクに
参加したわけですから、当然です。


落札できなかった事は、今回は関係ないです。
気になるのが、1回の入札に1コイン必要な事。

このコイン、○○枚セットと言う形で、販売され
ています。
僕の参加したペニオクでは、50コイン2,500円。

つまり、1枚あたり50円。

ペニオクは1入札で上げられる落札金額が決まっています。
僕が参加したペニオクでは基本は1入札5円の金額アップです。

同じ商品のオークションに30回参加して、
商品を落札したとします。
その落札金額が5000円だったとします。


この場合、この商品を落札するのにかかった金額は…


5,000円

ではなく、

8,000円


なぜ、8,000円かと言うと、次の計算式を
見てもらえると判ります。


オークション落札代金:5,000円

コイン代(1枚あたり50円×30枚):3,000円

合計が8,000円


ペニオクは表面上に見える落札金額以上に
コストがかかるオークション方式です。

落札できそうと言って、熱くなると。。。


言わなくても判りますよね。



熱くなるのはホドホドに。。。

オークション用の写真撮影術 

ヤフオクに出品するとき、絶対ではないがあるのが望ましいのは画像。
オークション用の画像の撮影方法を文字でお伝えします。
近日中に画像を用意して、別の記事にするので、今回は文字で勘弁を。


まず、使うカメラですが、コンパクトカメラで十分です。
コンパクトカメラ、、、いわゆるデジカメですね。
この記事の中では『コンデジ』と表現します。

オークションに出品するからと、デジタル一眼のカメラで撮影する
必要はありません。この記事の中でデジタル一眼を『デジイチ』と
表現します。

デジイチはきちんと設定をしてあげると、きれいに撮影できます。。
きちんと設定できなければ、コンデジと変わりません。
いや、コンデジより劣る可能性もあります。

なぜ、コンデジよりも劣る可能性があるのか?
最近のコンデジはゆがみ補正機能がすごいんです。
通常、カメラはゆがんで写ることが多いんです。
ビルとか、本とか、真四角のものを撮影すると分かりますよ。

芸術的な写真を撮るなら、ゆがみを過剰に気にする必要はないです。
しかし、今回はヤフオクに出品するアイテムの撮影。
実際に手にとって見てもらえないアイテムを写真で見てもらう。

前回の【出品する時に必要なもの】にも書きましたが、
購入していただく方に状態を知ってもらう為の画像を撮影するんです。
ゆがみが少しでも少ないほうが良いですよね。


ケータイのカメラを使うことを考えてる人もいると思います。
僕としては、オススメはできません。

なぜ、ケータイカメラはオススメできないのか。
それは、細かい設定がし辛いのと、固定しにくいからです。

コンデジの中には、ホワイトバランスを自分で調整できるものがあります。
ホワイトバランスが調整できると、商品の色がより正確に
なってきます。

固定できないと困る理由は、手振れを防ぎたいからです。
買ってくださる方に少しでも正確な情報をと思うと、手振れは
厳禁です。

ベストな撮影方法は次の通り。

・コンデジを使う。
・三脚を使う。
・ホワイトバランスを調整する
・セルフタイマーを利用して撮影時、カメラに触れない。



背景にも気を配ってください。

商品の後ろ側にいろんなものが写るのはNGです。
背景はできれば単色の布などで商品のみが写る状況を
作り出してください。


文字で伝えると、なかなか難しいですね。
近日中に、僕が実際にヤフオクに出品する画像を撮影している
風景をお見せできるようにします。

出品する時に必要なもの 

オークションに出品するのに必要なものはなにがありますか?
少し考えてみて下さい。



Yahoo!のアカウント
Yahoo!プレミアム会員登録
代金のやり取りをする口座

このあたりは既に用意できていますよね?
もし用意できてない場合は、【オークションに参加してみよう!
を読んで、早く用意してください。


ここで言う出品に必要なものは上に書いたようなものではありません。

  1. 出品する商品

  2. 出品する商品の画像

  3. 出品する商品の説明文。


この3点が必要になります。


出品する商品は【出品に必要な費用を考える】でも書いた通り、始めのうちは自分で使わなくなった
物を出品してください。
自分で使わなくなったものを出品する事で、「出品に慣れる」ことと
「他のユーザーから評価をいただく」と言う2つの目的があります。

出品する商品の画像は必ず用意してください。
詳しい撮り方は後日のブログで紹介します。
ここで言う画像は、芸術的なものではなく、購入していただく方に状態を
知ってもらう為の画像です。

出品する説明文も必ず必要です。
オークションを見て、説明文のない(ほとんどない)ものがたまにあります。
実にもったいない。

顔も名前も知らない、しかも商品も実物を見る事ができない。
そんな状態で商品を買ってもらうんです。
画像だけでは伝わらない部分を、きちんと文字にして伝える必要があります。

次の記事は出品する商品の撮影方法をお伝えしていきます。

>>人気ブログランキングへ

出品に必要な費用を考える 

何度かオークションに参加したら、次は出品にもチャレンジしてみましょう。
まずは、オークションに出品する場合には経費が発生します。
その経費を見ていきましょう。


主な経費は次の通りです。

  1. 出品料

  2. 落札手数料



出品料から説明します。
出品料とは、オークションに出品する時にかかる費用。
ほとんどのアイテムは1出品に付き10.5円かかります。

評価が大事な理由(わけ)&仕組み】で、評価の大切さを書きました。
評価にはもうひとつの役割があります。

それは、諸条件を満たすと、毎月一定の出品回数は出品料が無料になります。
その条件にも評価が利用されています。詳しくは後日のブログでお伝えします。


次に落札手数料。
これは、商品が落札された場合に支払う手数料。
手数料の金額は、多くのアイテムで落札金額の5%と決められています。


出品料や落札手数料の徴収方法は、毎月のプレミアム会員と併せて請求が来ます。


この他に、自分の出品したものを目立たせる為のオプションサービスがあります。
オプションサービスの多くは、有料のサービスなので、経費が発生します。


まずは、自分の持ち物で、もう使わないものを出品して、
出品する事に慣れていきましょう。
どこからか仕入れて販売となると、さらに経費がかかり、より計算が複雑になります。

評価が大事な理由(わけ)&仕組み 

>>人気ブログランキングへ

ヤフオクには評価という制度があります。

syuppinnsya-jyoho.jpg

商品を落札してみよう】に載せた上の画像でもう一度復習。

出品者の名前の下にある「102」と言う数字。これがこの人の評価です。
この「102」と言う数字に少し書き足すなら、次のようになります。


この人を良い評価をした人数から悪い評価をした人数を引くと、102人の人が評価している事になります。



オークションを今から始める人はここの数字が「0」です。
まだ出品も落札もした事が無いので、当然ですよね。(笑)


出品をして、評価を貰う事で、ここの数字がプラスにもマイナスにも変わります。

どう言う事かと言うと、はじめて評価を貰う事になったとします。
プラスの評価を貰う事が出来たら評価は「1」です。
マイナスの評価を貰ってしまうと、その人の評価は「-1」となってしまいます。



なぜ、評価が大事なのか?

オークションに参加してみよう!】でも少し書きましたが、評価は大事です。

評価が大事な理由はただひとつ。

実際に会って話をしてと言うコミュニケーションもとれない状態で商品の売買をするオークション。
「どんな人なのか?」「信用できる人か?」を見極める重要な材料になります。

数字が大きい人はそれなりに他のユーザーから評価を得ている。
つまりトラブルに巻き込まれにくいと考えても良いと思います。

数字が小さい人はオークション初心者か、評価システムをほとんど利用しない人。
オークションに慣れていない可能性もあるので、こちらも少し注意する必要があるかもと考えられます。

数字がマイナスの人はなにか問題があるのでは?この人と取引をして大丈夫?
トラブルに巻き込まれるリスクを下げる為に、警戒しなくてはと考える事が出来ます。


もちろん、評価の数字が大きくても「あれ?」と思うような対応をされる方も居るかもしれません。
逆に評価の数字が小さくても「丁寧な対応をしてくれた」と言う場合もあるかもしれません。

なので、あくまでも評価の数字は目安です。
僕は、評価の数字をかなり重要視しています。しかし、評価が高いから大丈夫!とかそう言う感じでは見てません。

評価の数字と併せて見るのが評価の内容です。
評価をする時には5段階の評価(すごく良い~すごく悪い)のうち、どれかを選択して、コメントを残します。
評価の数とコメントを注意深く見ます。

評価の内容を見る為には、オークションのページの出品者情報にあった評価の数字。
そのすぐ右側にある「評価の詳細」をクリック

hyouka001.jpg

すると、上の画像のようなものが表示されます。

まず、良い評価を付けた人数をチェック。そして、悪い評価を付けた人数をチェック。

次に右側の出品の場合、落札の場合の評価をチェック。
ここで、出品には慣れているのか?などをチェックします。

hyoka002.jpg

その次に、すぐ下の最近の評価をチェック。
ある程度評価のある人に有効な方法なので紹介。
過去に悪い評価を貰っている場合、慣れていない事が原因でミスを下のかなと考えます。
逆に、最近に悪い評価がついているとなぜ?と原因を考えます。

最後に評価のコメントを見ます。

hyoka003.jpg

なぜ、この人はこの出品者(もしくは落札者)のにこの評価をしたのか?これを見ます。
中には、意図的に評価を落とさせるような嫌がらせをするひとも居るらしいので、数字だけではなく内容も吟味します。


まず、評価の数字を見る。そして、その内容を見る。納得できた人の商品を落札する。その人を見極めるのに評価システムは大事なのです。
自分が商品を落札する時、どの辺りに気を配るか。何を基準に落札するかを決めるか。これを整理してみてください。そのポイントが判れば、自分が出品する時、どこにポイントを置いて出品したら良いのかが判りやすくなります。

とは言うものの、ほとんどの場合、普通にオークションに参加してたら悪い評価がつく事はほとんどありません。
ネットオークションも目の前に人が居ないだけで、人と人とのつながりです。
画面の向こうでは生身の人間が居る事を常に覚えていてください。

>>人気ブログランキングへ

商品を落札してみよう 

>>人気ブログランキングへ

オークションに参加してみよう!】でも書いた通り、まずは商品の落札からやってみましょう。

ヤフオクはオークションなんです。
まっ、ヤフーオークションというくらいですから。(笑)

しかし、販売方法はオークション形式だけではなく、様々な方法があります。
詳しくは別の記事で説明しますが、大きく分けて2つ。

値段がどんどんあがっていくオークション方式。
始めから価格設定されている定額方式。

オークション方式は説明しなくても判ると思います。
出品者がオークション開始価格を決めて、出品。出品終了時間に一番高い金額をつけた人が落札。

定額方式は、街の中にある店舗と同じだと考えてもらったら判りやすいです。
出品者がこの商品は○○円で売ると決めて、その値段で出品。
落札者の方は出品者が決めた値段に納得して、入札すれば、オークションは終了。
コンビニなどで商品を買うのと同じですよね。

まずはオークションで落札したい商品を探します。
Yahoo!JAPANのトップページにあるオークションのアイコンをクリック。
もしくはヤフーオークションのアドレスを入力してもOKです。

画面が変わって、ヤフーオークションの画面になります。
上の方に文字が入力できそうなところがありますよね。
そこに欲しいアイテムのキーワードを入力してみましょう。

仮に「もののけ姫の映画パンプレット」が欲しいとします。
文字入力できるところに、たとえば、下の画像のように文字を入れて検索します。

kensaku.jpg

すると、もののけ姫の映画パンフレットが検索結果として出てきます。
複数の出品者が商品を出品している場合、リスト形式で一覧となって出てきます。
その中のひとつをクリック。

image.jpg

上の画像のような画面に変わります。ここには大きく分けて2つの情報が入っています。
価格・オークション終了時間・入札者数など、商品に関する情報
出品者の情報

この商品は現在、入札している人は居ません。入札件数と言うところを見てもらうと数字が0となっています。
現在か価格は300円で400円出してくれたらすぐにその方に売りますよという設定をしています。

出品者の情報は見にくいので少し大きい画像を用意しました。

syuppinnsya-jyoho.jpg

出品者の名前や出品地域は一応モザイクをかけさせてもらいました。

この人は、今までに102件の良い評価を貰っているみたいです。

支払い方法はYahoo!かんたん決済と4つの銀行に対応が可能みたいです。
おそらく4つの銀行を使っているのは、落札してくれた方へ振り込み手数料を払わなくても良いようにという心遣いでしょうか。
選択している銀行いずれも、家に居ながらネットで口座情報を確認できるので、出品者もわざわざATMで通帳記帳などしなくても済むと思われます。


肝心の落札方法ですが、商品の情報のところに現在の価格がありますよね。(この商品の場合だと300円)
そのすぐ右側に【入札はこちら】と言うボタンがあります。
大きいボタンなので、見落とすことはないはずです。

ボタンをクリックすると、入札金額を入れる項目が出てきます。
そこに、この商品に対していくらまで出せるかを入力します。
金額を入力すると、下に【確認する】ボタンがあるので、クリック。
画面が切り替わって、これで入札に参加しますが良いですかというような確認画面が出てきます。
確認をして、問題なければ【ガイドラインに同意して、入札する】ボタンをクリック。
オークション終了時間までに他に入札が無い、もしくは、入札時に設定したいくらまで出せるという金額を超える入札者が出てこなければ、無事に落札です。

>>人気ブログランキングへ

オークションに参加してみよう! 

>>人気ブログランキングへ

オークション専用の口座を開いた。
→できていない方は【オークション専用の口座はどこが良いのか?】を参考に口座を開いてください。
→銀行引き落としでオークションに参加する場合は【Yahoo!指定銀行口座を開設しよう】を参考にしてください

オークション専用のクレジットカードも用意した
→できてない方は【オークション専用のクレジットカードはどれが良いのか?】を参考にしてください。

Yahoo!IDも用意した。
オークション利用登録・Yahoo!プレミアム会員登録・住所、氏名の確認(配送本人確認)も手続き完了した。
→できてない方は【Yahoo!IDを取ろう!】を参考にしてください。


これで立派にオークションに参加できます。

商品を購入する事も出来るし、出品する事も出来る。


早速出品!


と言いたいところですが、まずは商品の落札をしてみましょう。
ネットオークションで毎月5万円の副収入!のはずなのに、なぜ商品の落札から?

商品の落札をススメたのは3つ理由があります。

  • オークションの雰囲気に慣れること

  • 他の出品者がどういう風に出品しているのか・対応してくれるのかを勉強すること

  • オークションでの信用を積み重ねていくこと



ひとつずつ解説します。

オークションの雰囲気に慣れること。

いままでヤフオクをはじめとしたネットオークションをした事が無い人には未知の体験です。
そんな未知の体験で商品を売ろうなんて肝が据わってるというか、無謀というか。。。(笑)
僕なら始めは商品の落札をしながら、オークションの流れや雰囲気を確認します。


他の出品者がどういう風に出品しているのか・対応してくれるのかを勉強すること

出品した商品を売る為には出品者の方は様々な工夫をします。
文章の書き方とか価格設定。画像の撮り方。
いかに自分の出品した商品を見てもらえるかが肝心な事です。

オークションに参加してすぐに出品をしようと思っても出品者の方が行ってる工夫はわかりません。
まずは商品を買う落札者になって、出品者の方の工夫を勉強しましょう。
もちろん、このブログでも僕が行っている工夫は紹介していきますよ


オークションでの信用を積み重ねていくこと

ヤフオクには評価制度があります。
見知らぬ人から商品を買ったり、見知らぬ人に商品を売ったりするのがオークション。
そこにはなにか相手を評価できる基準が欲しいものです。
それが評価制度です。
詳しい説明は後でしますが、評価制度は自分が出品する立場でも購入する立場でも役に立ちます。
まずは出品している方から商品を購入して、良い評価を少しずつでも貰えるようにしましょう。
すると、自分が出品する時、商品を買ってくれる方は「この人は評価が少ないけど、悪い評価は貰っていない。信用しても大丈夫そうだから購入しよう」と思われ、商品を買ってもらえる可能性が高くなります。



以上、3つの点からみて、始めは落札から行うのがオススメです。

>>人気ブログランキングへ

オークション専用のクレジットカードはどれが良いのか? 

>>人気ブログランキングへ

銀行口座のオススメは【オークション専用の口座はどこが良いのか?】でお伝えした通り。

次はクレジットカード。


オススメのカードはどこでも良いです。

楽天カードでもいいし、ソフトバンクカードでもYahoo!カードでも良い。
そこは何でも良いんです。

問題は国際ブランドがどこの会社か。
カードに[VISA]とか[JCB]とか[Master Card]なんて書いてあるロゴが入ってますよね。
ここに注目して欲しいんです。

自分が使わなくなったものを出品するだけでは限界がある事は【銀行口座を用意しよう!】で書きましたよね。

限界がくると次にすることは売る商品を仕入れるということ。
どこから仕入れるかにもよりますが、仕入れる為にクレジットカードが必要な事があります。
特に海外のサイトから仕入れる場合はほぼ必須アイテムですよね。

となると、海外のサイトでもまず間違いなく使えるカードである必要があります。

僕がおススメするのは[VISA]です。
今まで海外サイトでの購入もした事はありますが、VISAが使えないところは見た記憶がありません。

新たにカードを作る場合は、年間手数料が無料(もしくは安い)のところで、国際ブランドにVISAが付けられるものを選ぶのがオススメです。

>>人気ブログランキングへ

オークション専用の口座はどこが良いのか? 

>>人気ブログランキングへ

Yahoo!ウォレットの登録を口座引き落としにされた方はこの記事はあまり関係ありません。

クレジットカードでYahoo!ウォレットの登録をされた方に読んで欲しい記事です。

銀行口座を用意しよう!】の記事で銀行口座とクレジットカードを用意してくださいと書きました。

クレジットカードもこだわって欲しいんですが、まずは銀行口座から(笑)


「銀行口座なんてどこでも良いやん」と言う言葉が聞こえてきそうです。。。


甘い!


銀行口座もこだわって欲しいんです。


なぜ、銀行口座にもこだわって欲しいのか?

少し考えて欲しい事があります。

あなたが落札する立場だとします。

落札したい商品があります。
その商品は2人の出品者が出しています。
出品者の評価は同じくらいです。
状態も同じくらい。
価格も同じ。

違いは銀行振り込みで使える銀行が自分がひとりは自分が使っていない銀行だけ。もうひとりは自分が使っている銀行がある。

仮に自分が使っていない銀行だけを提示してる人をA君
自分が使っている銀行も提示してくれてる人をB君とします。

あなたはどちらから購入しますか?


僕なら、間違いなく自分が使っている銀行も提示してくれたB君から購入します。


それはなぜか?

振り込み手数料です。

最近、多くの銀行は同じ銀行であれば振り込み手数料を無料にするところが増えています。(ほとんどの銀行はインターネットバンキングで振り込んだ場合ですが。)

同じ銀行同士でなく、ATMから振り込んでも1回の振り込み手数料は高くて420円程度でしょう。
高額ではないですが、回数が積み重なると出費になります。


420円あれば牛丼屋で大盛りの牛丼が食べられますよね。
420円あれば平日のマクドナルドでランチセット(ハンバーガーorチーズバーガー)が食べられますよね。
420円あればスターバックスでコーヒーを楽しむ事が出来ます。

そう考えると、420円だけでもいろんな事が出来るんです。


話を戻して。。。

この手数料という出費を商品を買ってくださった落札者の方に負担をかけないようにするのか。
これが重要です。
もちろん、落札してくれた方全員の銀行口座に対応するのは無理です。大手の銀行ならともかく、地方の銀行や信用金庫までなんてとてもじゃないけど、カバーできません。

となると、ここで選ぶのはよりベターな銀行口座。

都市部だけとか、一部都市に集中していなくて、全国に展開している銀行。


僕がおススメしたいのは「ゆうちょ銀行」です。
だいぶ聞き慣れたと思いますが、ゆうちょ銀行とは平たく言うと郵便局ですね。


全国あちこちにATMや郵便局があるので、多くの人が利用している可能性が高い。
郵便局は普通口座のゆうちょダイレクトだと、ATMからのゆうちょ銀行同士の振り込みは手数料が無料。

ゆうちょ銀行に変わってからは、銀行からの振り込みも可能になりました。(この場合、手数料はかかります)
銀行からの振り込みに対応しようと思うと通帳を新しいものに替える必要があります。(みどり色の通帳で、白い文字でゆうちょ銀行を書かれているものであればOK)
新しい通帳には、他の金融機関(つまりは銀行)からの振り込みの受け取り口座の番号が書かれています。


欠点としては、上限金額が1,000万円+利息という額ですが、毎月5万円の副収入と言ってる段階で1,000万円にはしばらくは到達しないです。だから、現段階では気にする必要はありません。


ゆうちょ銀行以外にもうひとつ口座をと考えるなら、同じ銀行間では振り込み手数料がかからない、そして利用している方が多そうな銀行をおススメします。

>>人気ブログランキングへ

Yahoo!指定銀行口座を開設しよう 

>>人気ブログランキングへ

オークションの出品・落札どちらも出来るYahoo!IDを作るのに、クレジットカードがあれば便利です。
クレジットカードがある場合のYahoo!IDの登録方法は【Yahoo!IDを取ろう!】で紹介した通りです。

クレジットカードを持つ事が出来ない人や、クレジットカードの情報をインターネット上で使うのが怖い人には、口座引き落としという方法もあります。

ほとんどの流れはクレジットカードでYahoo!IDを登録する場合と同じです。
一部違うところがあるので、その部分だけを紹介します。

流れが違う部分はお金に関わるところ。Yahoo!ウォレットへの登録が変わります。


口座引き落としで行う場合、必要になるのは銀行口座です。
銀行口座ならどこの銀行でも良いというわけではありません。
Yahoo!が指定した銀行でないといけません。

Yahoo!が指定した銀行は次の4行です。

  • 楽天銀行(旧イーバンク銀行)

  • ジャパンネット銀行

  • みずほ銀行

  • 三菱東京UFJ銀行


上2つの銀行は聞きなじみの無い人も居ると思います。どちらもインターネット専用の銀行です。
下2つの銀行はよく知ってますよね。どちらも大手の銀行です。


手続きは各銀行によって違います。

楽天銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行の3行はインターネットで銀行とやり取りできる手続きを行う必要があります。まっ、楽天銀行とジャパンネット銀行はインターネット専用の銀行なので、特別なにか手続きをする必要はありません。みずほ銀行は、【みずほダイレクト[インターネットバンキング]】に申し込む必要があります。

三菱東京UFJはインターネットでやり取りが出来る【三菱東京UFJダイレクト】の手続きをしていなくても登録は可能です。


希望する銀行のサイトを見てもらい、必要な手続きを行ってください。


銀行口座の開設が終わると、次はYahoo!ウォレット支払登録を各銀行のサイトで行います。
これも各銀行で手続き方法が違うので、各銀行のサイトを見ながら行ってください。


銀行のサイトでYahoo!ウォレット支払登録が完了した後、2~4営業日後(銀行によって異なります)にYahoo!からメールが届きます。
メールの内容に従い、Yahoo!ウォレットの登録を行ってください。


無事に登録が完了したら、口座引き落としでヤフオクが出来るようになります。


詳しくはYahoo!ウォレット|Yahoo! JAPAN指定銀行をご覧ください。


この作業は、Yahoo!プレミアム会員登録をする前に行ってください。Yahoo!プレミアム会員登録途中にこの作業を行っても、数日間は登録作業が出来ません。入力したデータを後日、再び入力する事になります。面倒くさいですよね。

>>人気ブログランキングへ

Yahoo!IDを取ろう! 

>>人気ブログランキングへ

オークション専用の銀行口座とクレジットカードは用意できましたか?

次にヤフオクで商品を売る為に必要なもうひとつのもの。


Yahoo!ID


今からYahoo!IDを取ろうと思います。

Yahoo!IDの取得だけなら、身分証明書などはいりません。
オークションに出品する為の手続きの流れで一度だけ身分証明書が必要になってきます。

Yahoo!IDを取るのも簡単なので、やっていきましょう。


新規登録

  1. 上の画像に従って画面右側の○で囲んだ部分の文字【新規取得】をクリック

  2. 画面が切り替わり、希望するYahoo!IDやパスワード、秘密の質問など赤い小さな星印の付いている項目は全て記入。記入が終わると、間違いない事を確認して、一番下の【利用規約に同意して登録する】をクリック

  3. 画面が切り替わり、Yahoo! JAPAN IDの登録が完了しましたと言う画面が出てきます。



これでYahoo!IDは無事にとれました!


しかし


これだけではヤフオクには限定的な参加しか出来ません。

ヤフオクをフルに利用しようと思うと、【オークションユーザー登録】と【Yahoo!プレミアム会員への登録】の2つが必要になってきます。

続けて【オークションユーザー登録】をしちゃいます。

Yahoo!オークションのサイトへ行きます。Yahoo!JAPANのトップページ・上部にあるオークションのアイコンをクリック。Yahoo!オークションのサイトへ行けます。
アイコンが見つけられなかった人はYahoo!オークションのアドレスを書いておきます。
>>http://auction.yahoo.co.jp(Yahoo!オークションのサイトへ)

利用登録

  1. 上の画像を参考に、画面の右上にある【オークション利用登録】をクリック

  2. 画面が変わり、【オークション利用登録】と言うアンダーラインを引いた青い文字があります。これをクリック。

  3. 画面が変わり、連絡先メールアドレスの確認をする画面が出てきます。Yahoo!IDを作る時に入力したメールアドレスが表示されているはずです。連絡先のメールアドレスを変更する場合は編集ボタンを、変更しない場合は下の方にある【ガイドラインに同意のうえ、オークションユーザー登録を行う】をクリック。

  4. 画面が変わり、メールアドレスの確認と次に進むボタンが出てくるので、次に進むをクリック。

  5. 画面が変わり、2の時に見た画面が出てきます。今度は【メールアドレスの確認手続き】にアンダーバーが引かれて青い文字になっているはずです。

  6. 画面が変わり、確認メールの送信画面が出てきます。これは、登録してあるメールアドレスが使われているものかどうかを確認する為のものです。画面下の方にある【確認メールを送信】をクリック

  7. ここでメールを一度確認しにいきます。メールソフトを使っている場合は、メールソフトを。ブラウザでメールを確認する人はサイトを表示させてください。すると、Yahoo! JAPANから【登録メールアドレス確認】と言うメールが届いています。

  8. かなり早い段階で「このページにアクセスしてください」と言う文字が出てきます。空白行を除いて7行目くらいだと思います。その2行下にアンダーバーのついた青い文字があります。「http://」から始まるものだと思います。それをクリック。

  9. するとブラウザが立ち上がり、【登録メールアドレスの確認完了】と言うページが表示されます。



もう少しで完了です。あと少しがんばりましょう!

利用登録

Yahoo!オークションのページの上部にある【オークション利用登録】をクリック
今度はYahoo!プレミアム会員への登録に移ります。
Yahoo!プレミアム会員は月額346円のサービスです。オークションで5,000円以上のものを購入したり、オークションへ出品したりする時にはかならず必要になります。
オークション関係だけではなく、様々なサービスを提供してくれています。詳しくはYahoo!プレミアムのサイトをご覧ください。

ここでクレジットカードが必要になるんです。
クレジットカードを利用したくない、持っていないという方は口座引き落としも可能です。
口座引き落としの方法は【Yahoo!指定銀行口座を開設しよう】をご覧ください。そして、先に【Yahoo!指定銀行口座を開設しよう】を行ってください。

  1. Yahoo!プレミアムと言う文字をクリック(画面の中程にあります)

  2. 画面が変わり、Yahoo!プレミアムの画面が出てきます。下の方にある【同意して次へ】をクリック

  3. 画面が変わり、パスワードを入力する画面が出てきます。Yahoo!IDを作る時に決めたパスワードを入力して【続ける】をクリック

  4. 画面が変わり、【お客様情報の登録】と言う画面になります。【必須】となっている項目全ての記入をしてください。おそらく、このブログの説明通りに進めると、【お支払い方法の登録】はクレジットカードしか表示されていないはずです。口座引き落としを希望される場合先にYahoo!ウォレットに登録した口座引き落としの案内が表示されてると思うので、そちらを選択してください。まだYahoo!ウォレットに口座登録していない場合は、【Yahoo!指定銀行口座を開設しよう】を先に見て、登録を行ってください。

  5. 最後まで記入をして、間違いないかを確認して【次へ】をクリック。


    自分のアカウントを作ったのもかなり前の話なので、ここから先は確認していません。おおよその流れを紹介できますが、細かいボタンの名前や手順は違う可能性があります。ご了承ください。


  6. 確認画面が出てきて、Yahoo!プレミアムに登録するように指示が出ます。指示に従って登録をしてください。



最後の項目です。

オークション利用登録の画面に行ってください。(Yahoo!オークションのサイト上部にあるオークション利用登録をクリック)

画面の下の方にある【住所、氏名の確認(配送本人確認)】と言うのがあるので、クリック

これは、登録された住所に本当に本人が住んでいるのかを確認する為のものです。
実際にYahoo!から、書類が届きます。
その書類を受け取る為には、本人確認の出来るもの、つまり身分証明書が必要になります。
当然、受け取るのも本人でなくてはなりません。
書類は1週間程度くらいで届いたような気がします。

書類の中身はたしか、Yahoo!で本人確認を認証する為の専用URLとパスワードだったと思います。
専用URLに接続して、パスワードを入力します。あと、確かYahoo!プレミアム登録の中で決めたセキュティキーも入力したように思います。

必要事項を入力して登録を完了してください。

たくさんの作業が必要でしたが、これでヤフオクで自由に出品も落札も出来るようになります。

>>人気ブログランキングへ


銀行口座を用意しよう! 

>>人気ブログランキングへ

ネットオークションをするなら、必要なものが2つあります。



ひとつはお金を振り込んでもらう銀行口座。

ひとつはYahoo!ID(オークション出品が出来るもの)



まずは銀行口座を開設する事をおススメします。

多くの人は既に銀行口座を持っているはず。
なのに、新たに銀行口座を開けというのには訳があります。
今回、開いて欲しいのはオークション専用の銀行口座です。
出来ればクレジットカードもオークション専用に1枚用意して欲しいところ。


なぜ、オークション専用に銀行口座やクレジットカードを用意して欲しいか。
順番に説明していきます。
まずは銀行口座を用意して欲しい理由から説明します。


オークション専用の銀行口座を用意して欲しいのは、オークションにかかる全てのお金の流れを見やすくする為。
いま使っている銀行口座で行うと、判りにくくなります。

想像してみてください。


電気代やガス代、携帯電話代など引き落としがある口座。
もちろん、生活費としてATMでお金を引き出したりもする口座があるとします。
当然、給料も振り込まれます。

その口座に次々にあなたが出品した商品を落札した人が振り込みをしてくれる。
後で通帳を見直した時、電気代やガス代、給料などと一緒に見慣れない名前が並んでいる状態になります。
スゴく見にくいですよね。


もうひとつ、ネットオークションも一定額以上の収入になると、確定申告をする必要があります。
こういう時に、「ネットオークション関係はこの口座」と決まっていれば、通帳を見るだけでお金の流れがある程度判りますよね。
確定申告の時に書類作成も非常に楽になります。
確定申告を考えなければいけないほど設けられる人は、エクセルなどで収支を付けておくのも忘れずに。



なぜオークション専用のクレジットカードがあった方が良いのか?

銀行口座があった方が良い理由とかぶってきます。


ヤフオクで商品を売る為には様々な手続きを始めに行う必要があります。
Yahoo!が指定した銀行の口座を開設すれば出来なくはないんですが、時間がかかり面倒です。
クレジットカードなら、その手続きが多少、簡単になります。

Yahoo!が指定している銀行や口座登録の面倒臭さは実際にYahoo!ウォレットのサイトを見てもらうのが判りやすいです。
>>Yahoo! JAPAN指定銀行

始めは自分の使わなくなった物を売るとして、それだけでは月に5万円の収益を継続するのは無理です。
いずれは自分が使わなくなったアイテムは底を尽きるからです。

そうなると、次に行う事は商品を仕入れること。
仕入れる場所にもよりますが、カード払いが必須の事もあります。
そう言う時にオークション専用のクレジットカードがあると、そのカードで支払い。

オークションにかかる金額は原則オークション専用のクレジットカードで支払い。
オークションで得たお金はオークション専用の銀行口座へ振り込んでもらう。
カード代金の引き落とし口座をオークション専用で開いてもらった銀行口座を指定。

すると、毎月のオークションでかかった費用・オークションで得た収益が、オークション専用銀行口座の通帳ひとつで判ってしまうんです!

>>人気ブログランキングへ

はじめまして 

>>人気ブログランキングへ

今日から始める事にしました。

ネットオークションで月に5万円の副収入!

月に5万円稼ぐ事を当面の目標に試行錯誤していきます。


今まで評価をしてくれた方、してくれなかった方と色々居ますが、悪い評価を戴いた事が無いのが僕の自慢です。
と言ってもまだ150件程度しか出品していませんが。

その中で気付いた事、自分の失敗から活かせそうな事をここで紹介していきたいと思います。


どうぞ、よろしくお願いします。

>>人気ブログランキングへ
ヤフオクのバイブル!
検索フォーム
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。