ネットオークションで月に5万円の副収入を!

 
 
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

こうじ

名前:こうじ

今まで自分ではもう使わなくなったアイテムをオークションに出品していました。
たくさんの失敗もしましたが、落札者さんに少しでも気持ちよく購入してもらえるかと言うコツが少しわかった気がします。
その方法を少しでも多くの人に伝えられたらと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出品は季節を大事にしましょう 

これまでの記事で商品の出品方法や落札は一通り説明してきました。

出品にはさまざまなコツがあります。
ちょっとしたことで落札価格が大きく変わります。

今回は、「出品は季節を大事にしましょう」について書いていきます。

次のうち11月に上旬に欲しいものはどちらですか?


半そでのポロシャツ?

トレーナー?


僕は暑がりですが、それでもトレーナーが欲しいです。


これから寒くなりますよね。

服装も半そでから長袖に。
薄手の生地から厚手の生地のものに。

欲しいアイテムが変わりますよね。


ニーズは長袖、しかも厚手の服に変わっていくんです。

みんなが欲しいと思うアイテムを出品する。

より多くの人がオークションページを見る。

オークションに参加してくれる人が増える(可能性がある)

落札価格が上がる(可能性がある)

落札されやすい



と言う流れになります。

おまけとして、落札金額が上がる可能性もあるんですよね。


ちょうど今は秋から冬になろうとしている季節です。

冬に使うアイテムを出品すれば、すこし高く落札してもらえる可能性がありますよ。
スポンサーサイト

ヤフオクで発送方法の決め方は? 

紹介文を書いてみよう】でも少し触れましたが、
商品の発送方法について、今日は書きたいと思います。

商品の発送方法はたくさんありますよね。
どの発送方法を選択するかは
出品者が決める事が出来るんです。

  1. 「○○で発送します。」と発送方法を決めている方。
  2. 「どんな発送方法にも対応します」と発送方法を落札者さんに決めてもらう方。
  3. 複数の発送方法を提示して、「この中から選んでください」と言う感じにしている方。


どれが正解と言うわけではありません。
出来ない方法を提示して、落札者さんに迷惑をかけるのが一番避けたい事なんです。

でも、あえて「複数の発送方法を提示して、この中から選んでもらう」と言う方法をおススメします。

この方法だと、出品者さんは自分が出来る方法を提示できますよね。
落札者さんは、複数の発送方法から、自分に合うものを選択できますよね。
どちらにとっても良い選択方法だと思うんです。

紹介文を書いてみよう。 

オークションに出品するアイテムは用意できました。

アイテムを出品用に撮影もしました。


オークション出品の為に必要なものはもうひとつ。

そう、紹介文です。


出品するアイテムを売り込む紹介文が必要なんです。



売り込む紹介文だからといって、難しく考える必要はありません。
画像では伝えきれない所を説明すれば良いんです。


例えば…村上春樹さんの諸著「1Q84 BOOK3」を出品するとします。

デジカメで本の画像を撮ったので、おおまかな本の状態は画像で
判断してもらう事が出来ます。

それ以外のところです。

「1回だけ読んですぐに出品した」とか、
「何ページが本の端を折った跡がある」とか。。。

画像からこの本は何回読まれたものとか判りませんよね。
表紙の画像とかから、本の端を折ったページがあるなんて
のも判りませんよね。

こういう情報を書くんです。

有利に働く情報も不利に働く情報も、落札者さんが
知りたいと思う情報を書いていきましょう。

落札者さんが知りたいと思う情報が判らない場合、
自分が落札者なら、どう言う情報が欲しいかを
考えてみると良いと思います。


次に商品の発送方法を提示します。
僕は、色々な発送方法の中から、落札者さんに
選択してもらう様にしています。

例に出したような本でしたら、発送方法は
主に5つあります。
  • ゆうメール(旧:冊子小包)
  • 定形外郵便
  • エクスパック
  • メール便
  • 宅急便

この中で利用できるサービスを選択して、
利用できるものは提示する様にしています。

ただ、複数の中から選択するのが面倒だと
言う落札者さんもおられます。
複数の発送方法を提示するのと同時に、一番
送料が安い発送方法をオススメする様にしています。


次に支払い方法を提示します。

銀行振り込みの場合は、こちらが用意している
銀行名をオークションサイトに載せます。
同じ銀行同士だと、手数料がかからない可能性も
ある事を知ってる落札者さんへのアピールです。

その他、Yahoo!かんたん決済やYahoo!ネットバンク
など利用する場合は、それらも受け付けている事を
書きます。


最後に、商品の紹介や発送方法、支払い方法に
当てはまらないけど、お知らせしておく事を書きます。

例えば、「週末は連絡が出来ない」とか、「別の商品も
落札予定がある場合は、一緒に送る事ができる」など
ですね。

出品するものの紹介文を書いてみましょう。

こんな感じで撮影してます 

前々回の記事だったか、お約束したことを覚えていますか?
オークション用の写真撮影術】でお約束した通り
撮影現場をアップロードしてみます。

あまりに貧弱で恥ずかしいんですが。。。


撮影現場


小さいものなら、こんな感じで撮影しています。

今回、出品するのに画像を準備したものはWAONの電子マネーカード

商品の大きさはキャッシュカード位の大きさ。
袋に入っているので、もうすこし大きいですが。


この画像で注目して欲しい点が3つ。


ひとつめは三脚を使っていること。

手持ちで撮影すると、どうしてもブレます。
特に、室内で夕方以降など光が足りなくなってくると。
最近のコンデジの手ぶれ補正はすごいですが、やはり
三脚を使う方がより確実です。


ふたつめは背景。

このままの画像をアップする事はありません。
当然、商品が引き立つ様に加工します。
そのために、商品の背景は黒いですよね。
望遠でギリギリの大きさに取っていないので、
パソコンに取り込んでから、必要な部分をと言う感じで
加工が出来ます。


みっつめはタイマー。

WAONカードを撮影する瞬間、コンデジには触れません。
コンデジに触れる事で、手ぶれが起きる可能性があります。
それをさけるために僕がしているのは、シャッターは
セルフタイマーで。

セルフタイマーだと、シャッターを切る瞬間、人間の手が
触れていると言う事がありません。


ちなみに、この三脚は家電量販店で売っている1,900円程度
のお求めやすいもの。

WAONの下に敷いてるブラスチック上のものは100均で売られている、紙類を持ち運ぶためのケース。

なぜ、背景を黒にしたのかと言うと、出品する商品の色が薄い色だったから。
背景が白よりも、濃い色の方が商品が引き立ちそうと考えました。

濃い色が黒しかなかったので、黒色にしています。


参考程度にこの3点を気をつけて、加工した画像がこちら。

出品画像

周りによけいなものが映っていなくて、商品がきちんと見える。
決して芸術的ではないが、落札者さんが見たいものには仕上がってると思います。

オークション用の写真撮影術 

ヤフオクに出品するとき、絶対ではないがあるのが望ましいのは画像。
オークション用の画像の撮影方法を文字でお伝えします。
近日中に画像を用意して、別の記事にするので、今回は文字で勘弁を。


まず、使うカメラですが、コンパクトカメラで十分です。
コンパクトカメラ、、、いわゆるデジカメですね。
この記事の中では『コンデジ』と表現します。

オークションに出品するからと、デジタル一眼のカメラで撮影する
必要はありません。この記事の中でデジタル一眼を『デジイチ』と
表現します。

デジイチはきちんと設定をしてあげると、きれいに撮影できます。。
きちんと設定できなければ、コンデジと変わりません。
いや、コンデジより劣る可能性もあります。

なぜ、コンデジよりも劣る可能性があるのか?
最近のコンデジはゆがみ補正機能がすごいんです。
通常、カメラはゆがんで写ることが多いんです。
ビルとか、本とか、真四角のものを撮影すると分かりますよ。

芸術的な写真を撮るなら、ゆがみを過剰に気にする必要はないです。
しかし、今回はヤフオクに出品するアイテムの撮影。
実際に手にとって見てもらえないアイテムを写真で見てもらう。

前回の【出品する時に必要なもの】にも書きましたが、
購入していただく方に状態を知ってもらう為の画像を撮影するんです。
ゆがみが少しでも少ないほうが良いですよね。


ケータイのカメラを使うことを考えてる人もいると思います。
僕としては、オススメはできません。

なぜ、ケータイカメラはオススメできないのか。
それは、細かい設定がし辛いのと、固定しにくいからです。

コンデジの中には、ホワイトバランスを自分で調整できるものがあります。
ホワイトバランスが調整できると、商品の色がより正確に
なってきます。

固定できないと困る理由は、手振れを防ぎたいからです。
買ってくださる方に少しでも正確な情報をと思うと、手振れは
厳禁です。

ベストな撮影方法は次の通り。

・コンデジを使う。
・三脚を使う。
・ホワイトバランスを調整する
・セルフタイマーを利用して撮影時、カメラに触れない。



背景にも気を配ってください。

商品の後ろ側にいろんなものが写るのはNGです。
背景はできれば単色の布などで商品のみが写る状況を
作り出してください。


文字で伝えると、なかなか難しいですね。
近日中に、僕が実際にヤフオクに出品する画像を撮影している
風景をお見せできるようにします。
ヤフオクのバイブル!
検索フォーム
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。