ネットオークションで月に5万円の副収入を!

 
 
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

名前:こうじ

今まで自分ではもう使わなくなったアイテムをオークションに出品していました。
たくさんの失敗もしましたが、落札者さんに少しでも気持ちよく購入してもらえるかと言うコツが少しわかった気がします。
その方法を少しでも多くの人に伝えられたらと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペニーオークションは本当に安いのか? 

最近、何かと話題のペニーオークション(以下:ペニオク)

よくiPadが○○円で落札できました。

とか、

wiiが○○円でした。


などと言うブログの記事を見かけます。

でも、本当にその値段なんでしょうか?


昨夜、試しにペニオクに参加してみました。

ペニオクは、オークションに参加するために
必要なものがあります。

それは、コイン。
オークションサイトによって、呼び方は
さまざまでしょうが、オークションに参加
するためには参加料が必要と言う事ですね。

今回、僕が試したところは、登録をすると、
お試しに10コインくれるところでした。


参加してみたのですが、商品の落札は出来ませんでした。
まぁ、戦略も何も考えずに、ペニオクに
参加したわけですから、当然です。


落札できなかった事は、今回は関係ないです。
気になるのが、1回の入札に1コイン必要な事。

このコイン、○○枚セットと言う形で、販売され
ています。
僕の参加したペニオクでは、50コイン2,500円。

つまり、1枚あたり50円。

ペニオクは1入札で上げられる落札金額が決まっています。
僕が参加したペニオクでは基本は1入札5円の金額アップです。

同じ商品のオークションに30回参加して、
商品を落札したとします。
その落札金額が5000円だったとします。


この場合、この商品を落札するのにかかった金額は…


5,000円

ではなく、

8,000円


なぜ、8,000円かと言うと、次の計算式を
見てもらえると判ります。


オークション落札代金:5,000円

コイン代(1枚あたり50円×30枚):3,000円

合計が8,000円


ペニオクは表面上に見える落札金額以上に
コストがかかるオークション方式です。

落札できそうと言って、熱くなると。。。


言わなくても判りますよね。



熱くなるのはホドホドに。。。
スポンサーサイト

出品に必要な費用を考える 

何度かオークションに参加したら、次は出品にもチャレンジしてみましょう。
まずは、オークションに出品する場合には経費が発生します。
その経費を見ていきましょう。


主な経費は次の通りです。

  1. 出品料

  2. 落札手数料



出品料から説明します。
出品料とは、オークションに出品する時にかかる費用。
ほとんどのアイテムは1出品に付き10.5円かかります。

評価が大事な理由(わけ)&仕組み】で、評価の大切さを書きました。
評価にはもうひとつの役割があります。

それは、諸条件を満たすと、毎月一定の出品回数は出品料が無料になります。
その条件にも評価が利用されています。詳しくは後日のブログでお伝えします。


次に落札手数料。
これは、商品が落札された場合に支払う手数料。
手数料の金額は、多くのアイテムで落札金額の5%と決められています。


出品料や落札手数料の徴収方法は、毎月のプレミアム会員と併せて請求が来ます。


この他に、自分の出品したものを目立たせる為のオプションサービスがあります。
オプションサービスの多くは、有料のサービスなので、経費が発生します。


まずは、自分の持ち物で、もう使わないものを出品して、
出品する事に慣れていきましょう。
どこからか仕入れて販売となると、さらに経費がかかり、より計算が複雑になります。

評価が大事な理由(わけ)&仕組み 

>>人気ブログランキングへ

ヤフオクには評価という制度があります。

syuppinnsya-jyoho.jpg

商品を落札してみよう】に載せた上の画像でもう一度復習。

出品者の名前の下にある「102」と言う数字。これがこの人の評価です。
この「102」と言う数字に少し書き足すなら、次のようになります。


この人を良い評価をした人数から悪い評価をした人数を引くと、102人の人が評価している事になります。



オークションを今から始める人はここの数字が「0」です。
まだ出品も落札もした事が無いので、当然ですよね。(笑)


出品をして、評価を貰う事で、ここの数字がプラスにもマイナスにも変わります。

どう言う事かと言うと、はじめて評価を貰う事になったとします。
プラスの評価を貰う事が出来たら評価は「1」です。
マイナスの評価を貰ってしまうと、その人の評価は「-1」となってしまいます。



なぜ、評価が大事なのか?

オークションに参加してみよう!】でも少し書きましたが、評価は大事です。

評価が大事な理由はただひとつ。

実際に会って話をしてと言うコミュニケーションもとれない状態で商品の売買をするオークション。
「どんな人なのか?」「信用できる人か?」を見極める重要な材料になります。

数字が大きい人はそれなりに他のユーザーから評価を得ている。
つまりトラブルに巻き込まれにくいと考えても良いと思います。

数字が小さい人はオークション初心者か、評価システムをほとんど利用しない人。
オークションに慣れていない可能性もあるので、こちらも少し注意する必要があるかもと考えられます。

数字がマイナスの人はなにか問題があるのでは?この人と取引をして大丈夫?
トラブルに巻き込まれるリスクを下げる為に、警戒しなくてはと考える事が出来ます。


もちろん、評価の数字が大きくても「あれ?」と思うような対応をされる方も居るかもしれません。
逆に評価の数字が小さくても「丁寧な対応をしてくれた」と言う場合もあるかもしれません。

なので、あくまでも評価の数字は目安です。
僕は、評価の数字をかなり重要視しています。しかし、評価が高いから大丈夫!とかそう言う感じでは見てません。

評価の数字と併せて見るのが評価の内容です。
評価をする時には5段階の評価(すごく良い~すごく悪い)のうち、どれかを選択して、コメントを残します。
評価の数とコメントを注意深く見ます。

評価の内容を見る為には、オークションのページの出品者情報にあった評価の数字。
そのすぐ右側にある「評価の詳細」をクリック

hyouka001.jpg

すると、上の画像のようなものが表示されます。

まず、良い評価を付けた人数をチェック。そして、悪い評価を付けた人数をチェック。

次に右側の出品の場合、落札の場合の評価をチェック。
ここで、出品には慣れているのか?などをチェックします。

hyoka002.jpg

その次に、すぐ下の最近の評価をチェック。
ある程度評価のある人に有効な方法なので紹介。
過去に悪い評価を貰っている場合、慣れていない事が原因でミスを下のかなと考えます。
逆に、最近に悪い評価がついているとなぜ?と原因を考えます。

最後に評価のコメントを見ます。

hyoka003.jpg

なぜ、この人はこの出品者(もしくは落札者)のにこの評価をしたのか?これを見ます。
中には、意図的に評価を落とさせるような嫌がらせをするひとも居るらしいので、数字だけではなく内容も吟味します。


まず、評価の数字を見る。そして、その内容を見る。納得できた人の商品を落札する。その人を見極めるのに評価システムは大事なのです。
自分が商品を落札する時、どの辺りに気を配るか。何を基準に落札するかを決めるか。これを整理してみてください。そのポイントが判れば、自分が出品する時、どこにポイントを置いて出品したら良いのかが判りやすくなります。

とは言うものの、ほとんどの場合、普通にオークションに参加してたら悪い評価がつく事はほとんどありません。
ネットオークションも目の前に人が居ないだけで、人と人とのつながりです。
画面の向こうでは生身の人間が居る事を常に覚えていてください。

>>人気ブログランキングへ

オークションに参加してみよう! 

>>人気ブログランキングへ

オークション専用の口座を開いた。
→できていない方は【オークション専用の口座はどこが良いのか?】を参考に口座を開いてください。
→銀行引き落としでオークションに参加する場合は【Yahoo!指定銀行口座を開設しよう】を参考にしてください

オークション専用のクレジットカードも用意した
→できてない方は【オークション専用のクレジットカードはどれが良いのか?】を参考にしてください。

Yahoo!IDも用意した。
オークション利用登録・Yahoo!プレミアム会員登録・住所、氏名の確認(配送本人確認)も手続き完了した。
→できてない方は【Yahoo!IDを取ろう!】を参考にしてください。


これで立派にオークションに参加できます。

商品を購入する事も出来るし、出品する事も出来る。


早速出品!


と言いたいところですが、まずは商品の落札をしてみましょう。
ネットオークションで毎月5万円の副収入!のはずなのに、なぜ商品の落札から?

商品の落札をススメたのは3つ理由があります。

  • オークションの雰囲気に慣れること

  • 他の出品者がどういう風に出品しているのか・対応してくれるのかを勉強すること

  • オークションでの信用を積み重ねていくこと



ひとつずつ解説します。

オークションの雰囲気に慣れること。

いままでヤフオクをはじめとしたネットオークションをした事が無い人には未知の体験です。
そんな未知の体験で商品を売ろうなんて肝が据わってるというか、無謀というか。。。(笑)
僕なら始めは商品の落札をしながら、オークションの流れや雰囲気を確認します。


他の出品者がどういう風に出品しているのか・対応してくれるのかを勉強すること

出品した商品を売る為には出品者の方は様々な工夫をします。
文章の書き方とか価格設定。画像の撮り方。
いかに自分の出品した商品を見てもらえるかが肝心な事です。

オークションに参加してすぐに出品をしようと思っても出品者の方が行ってる工夫はわかりません。
まずは商品を買う落札者になって、出品者の方の工夫を勉強しましょう。
もちろん、このブログでも僕が行っている工夫は紹介していきますよ


オークションでの信用を積み重ねていくこと

ヤフオクには評価制度があります。
見知らぬ人から商品を買ったり、見知らぬ人に商品を売ったりするのがオークション。
そこにはなにか相手を評価できる基準が欲しいものです。
それが評価制度です。
詳しい説明は後でしますが、評価制度は自分が出品する立場でも購入する立場でも役に立ちます。
まずは出品している方から商品を購入して、良い評価を少しずつでも貰えるようにしましょう。
すると、自分が出品する時、商品を買ってくれる方は「この人は評価が少ないけど、悪い評価は貰っていない。信用しても大丈夫そうだから購入しよう」と思われ、商品を買ってもらえる可能性が高くなります。



以上、3つの点からみて、始めは落札から行うのがオススメです。

>>人気ブログランキングへ

オークション専用のクレジットカードはどれが良いのか? 

>>人気ブログランキングへ

銀行口座のオススメは【オークション専用の口座はどこが良いのか?】でお伝えした通り。

次はクレジットカード。


オススメのカードはどこでも良いです。

楽天カードでもいいし、ソフトバンクカードでもYahoo!カードでも良い。
そこは何でも良いんです。

問題は国際ブランドがどこの会社か。
カードに[VISA]とか[JCB]とか[Master Card]なんて書いてあるロゴが入ってますよね。
ここに注目して欲しいんです。

自分が使わなくなったものを出品するだけでは限界がある事は【銀行口座を用意しよう!】で書きましたよね。

限界がくると次にすることは売る商品を仕入れるということ。
どこから仕入れるかにもよりますが、仕入れる為にクレジットカードが必要な事があります。
特に海外のサイトから仕入れる場合はほぼ必須アイテムですよね。

となると、海外のサイトでもまず間違いなく使えるカードである必要があります。

僕がおススメするのは[VISA]です。
今まで海外サイトでの購入もした事はありますが、VISAが使えないところは見た記憶がありません。

新たにカードを作る場合は、年間手数料が無料(もしくは安い)のところで、国際ブランドにVISAが付けられるものを選ぶのがオススメです。

>>人気ブログランキングへ
ヤフオクのバイブル!
検索フォーム
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。